今すぐに出会いたいならツーショットダイヤル

コアなマニアの方なら、パートナー探しに苦戦しているかもしれません。ノーマルのマッチングサイトでは、無視されて書き込み内容によっては、削除されてしまいます。

 

アブノーマルなマッチングサイトは、あまりに女性会員が少なくて、サイト自体が減少しています。

 

このような逆境にあってもまだまだ使えるのが電話のツーショットダイヤルです。

 

ツーショットダイヤルと言えば、固定電話が主流だったテレクラで利用されていたので、中高年の方はご存知かもしれません。

 

個室にこもって、女性からのコールを待つドキドキ感は、メールでは味わえません。

 

電話で話して満足する男性は少なく、出会いが目標になっていたことは間違いありません。

携帯・スマホの登場でも生き残ったツーショットダイヤル

固定回線のテレクラは、携帯やスマホの登場ですべてなくなってしまったかというとそうではありません。

 

確かに店舗数は激減してしまいましたが、実店舗で運営されているものもあります。

 

さらに、携帯やスマホで利用可能なツーショットダイヤルとして進化発展して、昔のテレクラが運営しているバレンタインコールなどは有名です。

バレンタインコールを受け継いだバレンタインTELHとSMツーショット

バレンタインコールはテレクラ全盛の時に多くの出会いに貢献してきたサービスです。

 

バレンタインコールも、携帯・スマホ時代に合わせて変化して、店舗がなくても利用できるようになっています。

 

マッチングサイトにも、ノーマルとアブノーマルと大きく分けられているのと同じく、バレンタインコールも

  • ノーマル:バレンタインTELH
  • アブノーマル:SMツーショット

と役割分担されています。

 

どうして、マッチングサイトのように、サイト内でカテゴリ分けされていないかというと、利用者が素早く目的の人と通話できるようにしているためだと考えられます。

 

もし、二つに分けずに一緒にしていたら、電話の場合検索機能がないので、ダイヤルの「1」とか「2」を操作して、目的のチャンネルに接続する方法もあったかもしれません。

 

ですが、何度もダイヤルをナビゲーションするのは、面倒ですし時間によって課金されるツーショットダイヤルだと、その分料金も加算されてしまいます。

 

ツーショットダイヤルではマッチングサイト以上にノーマルとアブノーマルを分ける意味があると言えます。

テレエッチ希望ならバレンタインTELH

テレエッチなら、実際に会わずとも音声をおかず代わりに利用して、オナニーを楽しめます。ノーマルの方で、実際に会わなくても快楽が得られるなら、バレンタインTELHが役に立ちます。

 

もちろん、話が盛り上がったら実際に会うことも可能です。

ノーマルで満たせない欲求ならSMツーショット

M男性なら女王様、S男性ならM女性と会いたいかもしれません。マッチングサイトでは、なかなか希望通りにパートナーに会えなくても、一対一で通話するツーショットダイヤルなら、何が起こるかわかりません。

たまたま通話した相手が素人のS女性や可愛いM女性であることだって十分考えられるのです。

バレンタインTELHとSMツーショットに共通する機能

どちらもバレンタインコールが基になっているので、機能面は似ています。

  1. プロフィール
  2. ツーショット
  3. 逆指名

の3つを使いこなせて行けば、パートナー探しで苦労することもないはず。

プロフィール

女性の録音されたプロフィールを聞いて、相手を呼び出すのがプロフィールコーナー。いきなりツーショットで会話をするのでは緊張する方におすすめ。

 

バレンタインTELHでは

  • セフレ募集
  • TELH
  • SMツーショットは
  • M女コーナー
  • S女コーナー

にそれぞれわかれているので、お目当ての相手が見つかりやすくなっています。

ツーショット

女性は雑誌やネット広告に掲載されている電話番号にかけてきます。そのような女性とランダムに繋がるのがツーショット。とにかく一般女性とおしゃべりしたい時に便利です。

逆指名

風俗店では、女性を指名することはあっても、指名されることはありません。女の子に一度でも指名されてみたいなと考えている男性に嬉しいのが逆指名のコーナーです。

 

SMツーショットの逆指名は特にM男性との相性抜群で、女王様に呼び出されたいのなら、最初に使いたいコーナーです。

 

ツーショットダイヤルは女性雑誌だけでなく、インターネットを見た女性が電話をかけてくるので、インターネットとの相性も良いです。

 

文字や映像では味わえない経験をツーショットダイヤルなら十分味わえるのです。